Top / CGI相談室 / 設置解説 / YY-BOARD

space

YY-BOARD

Last-modified: 2006-11-20 (月) 11:26:57

最初に

さて、設置に取り掛かりましょう・・・
ここでは、皆さんがよく使っている『YY-BOARD』を元に説明していきます。
その前に!プロバイダのCGI設置許可の確認は済んでますか?
もしプロバイダで禁止されている場合は、設置は不可能ですよ。

ダウンロード

さて、結構人気のあるこの掲示板はKENT WEBさんにてダウンロード出来ます。

解凍

ダウンロードしたら解凍ツールで解凍します。(解凍ツールは、「おすすめツール」からダウンロードサイトにいけます。)
そうすると、以下のファイルが出来ます。

yybbs.cgi
yyregi.cgi
yyini.cgi
yylog.cgi
count.dat
jcode.pl ... (歌代和正氏のライブラリを再配布するものです)
img/home.gif... (L.O.V.EのmayuRinさんの画像を再配布するものです)
registpl.cgi ... (投稿キーオプションに必要)
registkey.cgi ... (投稿キーオプションに必要) 
gifcat.pl ... (とほほ氏のライブラリを再配布するものです。投稿キーオプションに必要)
img/0.gif ・・・ 9.gif ... (投稿キーオプションに必要)
pastno.dat ... (過去ログ生成に必要)
past/0001.cgi ... (過去ログ生成に必要)

以上のファイルを、yybbsというフォルダの中に入れましょう。 (フォルダ名は各自で好きなものを付けていただいて結構です)

ディレクトリ構成

特に指定が無いサーバーの場合

public_html / index.html (トップページ)
   |
   +-- yybbs / yybbs.cgi  [705]
         |     yyregi.cgi [705]
         |     yyini.cgi  [604]
         |     yylog.cgi  [606]
         |     count.dat  [606]
         |     jcode.pl   [604]
         |     gifcat.pl  [604] ... 投稿キーオプションを使用する場合
         |     registpl.cgi  [604] ... 投稿キーオプションを使用する場合
         |     registkey.cgi [705] ... 投稿キーオプションを使用する場合
         |     pastno.dat [606] ... 過去ログを生成する場合
         |
         +-- img / home.gif
         |         *.gif (アイコン画像)
         |         0.gif ... 9.gif ... 投稿キーオプションを使用する場合
         |
         +-- lock [707] /
         |
         +-- past [707] / 0001.cgi [606] ... 過去ログを生成する場合

cgiの設置場所が指定されている場合

(例:cgiはcgi-binディレクトリに設置と指定されている場合)

public_html / index.html (トップページ)
   |
   +-- img / home.gif
   |         *.gif (アイコン画像)
   |         0.gif ... 9.gif ... 投稿キーオプションを使用する場合
   +-- cgi-bin
          |
          +-- yybbs / yybbs.cgi  [705]
                |     yyregi.cgi [705]
                |     yyini.cgi  [604]
                |     yylog.cgi  [606]
                |     count.dat  [606]
                |     jcode.pl   [604]
                |     gifcat.pl  [604] ... 投稿キーオプションを使用する場合
                |     registpl.cgi  [604] ... 投稿キーオプションを使用する場合
                |     registkey.cgi [705] ... 投稿キーオプションを使用する場合
                |     pastno.dat [606] ... 過去ログを生成する場合
                |
                |
                +-- lock [707] /
                |
                +-- past [707] / 0001.cgi [606] ... 過去ログを生成する場合

設定変更

自分で設定を変えるのは、基本的にyyini.cgi、yybbs.cgi、yyregi.cgiの3つです。
投稿キーオプションを使用するならば、registpl.cgiも設定必要になります。
他のファイルはいじらないで下さい。
では、肝心の設定に行きましょう。
まぁ本当はKENTさんの所でわかりやすく説明してあるんですけどね・・・(^^;)

設定を変更する部分は、""や''で囲まれている部分の中身だけです。
間違って、""や''や;を消さないようにしてください。

yyini.cgi

$title = "YY-BOARD"; 

ここはブラウザのヘッダーに入るタイトルです。
このタイトルはヘッダーだけでなく、掲示板のタイトルにそのまま使われます。
あなたの好きなタイトルを入れて下さいね。

$tCol = "#008080"; 

タイトルの色を設定します。16進カラーコードで設定して下さい。

$tSize = '24px'; 

タイトルの大きさをポイント数で指定します。

$backgif = './kabe.gif'; 

背景に使う壁紙を設定します。BODYタグ内で設定する『background』と同じ物と考えていいでしょう。
シングルクォーテーション内に相対パスで記述して下さい。
使わない場合は空にしておきます。

$homepage = '../index.html'; 

設置した所から戻るページへの相対パス、もしくはhttp://〜(フルパス)で指定して下さい。
要するに、掲示板の「ホーム」って所をクリックしたときに戻る場所のアドレスを書きます。

$regist_key = 0; 

投稿キー入力方式によるスパム対策を行う場合は 1 としてください。

$max = 100; 

掲示板ログの総保持数です。ここで設定した数字を越えると自動的に古いログから削除されていきます。
ただし、この件数を多くするとサーバーに多大な負担をかけることがありますので増やしすぎないように。

$pass = '0123'; 

投稿記事を削除する場合に使うパスワードです。半角英数字で指定して下さい。
わかりやすい英数字を入れるのは控えましょうね

$my_icon = 0; 
$my_gif = 'admin.gif'; 

記事投稿時に「管理者専用アイコン」を使用する場合は 1 とし、管理者用アイコンのファイル名を指定して下さい。
(注:管理者は記事の投稿時には「削除キー」に管理用パスワードを入力すると管理者アイコンを選択できます。)

$topsort = 0; 

親記事に対してレスがあった場合、そのレスが入った記事自体を記事表示欄のトップに持っていくかどうかの設定です。
ちょっと変わった?機能なので慣れていない方は1にすると驚くかも知れません。
でも、新しくレスが付いたカキコを見逃すことがないので、いいかもしれないですよ。

$lockkey = 0; 

ロックファイルの設定です。ロックファイルとは、同時書き込みなどでログファイルが破損するのを阻止するためのものです。
1及び2にする場合はパーミッションの設定(後ほど説明します)が別途必要になります。
なお、NTサーバーなどsymlink関数が不可の場合、又はよく分からない場合は2にするといいと思います。

$sub_len = 12; 

記事のテーブル幅の調整するために、長いタイトルを自動にカットします。
制限する文字数を全角換算で指定します。
あまり長すぎると、見た目がおかしくなってしまいますからね。

$subCol = "#006600"; 

書き込みメッセージのタイトルの文字色を指定します。16進カラーコードで指定します。

$tblCol = "#FFFFFF"; 

書き込みメッセージのテーブルの下地の色です。16進カラーコードで指定します。

$formCol1 = "#F7FAFD"; 
$formCol2 = "#000000"; 

書き込みフォームの下地の色と文字の色を指定します。16進カラーコードで指定します。

yybbs.cgi、yyregi.cgi

#!/usr/local/bin/perl

これは、perlで書かれたプログラムを定義づけるものです。
パールのパス名(置かれている場所)を設定します。
ここの設定はプロバイダ毎に違いますので各プロバイダにて確認して下さい。
わからない場合は、各自プロバイダに問い合わせしましょう。
BIGLOBEでは /usr/local/bin/perl となっていますし、トクトクでは、/usr/bin/perl となっています。
他のプロバイダでは /usr/bin/perl だったり、/usr/local/bin/perl だったりするようです。

registpl.cgi

これは、投稿キーオプションを使用する場合にだけ変更が必要になります。

$pcp_passwd = 'password';

投稿キーオプションを使用する場合の、投稿キー生成のための暗号用パスワードです。
このパスワードを元に適当な数字8文字で指定します。
なお、このパスワードはcgiが自動的に使用する物なので、管理パスワードとは異なり、直接これを使用することはありません。

上記の変更が終わりましたら上書き保存をしてください。
(これを忘れたら、今までの設定が・・・)

FTPアップロード

設定が終わったらFTPソフトでアップロードします。
が、その前に全体のディレクトリ構成とファイルの配置をしっかりと理解しておく必要があります。
プロバイダによって規定があるので、CGIの設置規定のページ等をよく読んで理解しておいてください。

※サーバーの設定によってはCGI専用フォルダからは画像ファイルやHTMLファイルを呼び出す事が出来ないものがあります。
その場合は、imgフォルダを通常のフォルダに転送してください。
(その場合yybbs.cgiの画像フォルダのパスの変更をお忘れなく)

FTPでアップロードするときに、転送するモードを選択する必要があります。
ASCII(アスキー)モード(テキストモード)と、バイナリ(Binary)モードの2つです。
FTPソフトによってモードの変更方法が違ってきますので、ヘルプなどをよく確認してください。
YY-BOARDを転送する際のモードは以下の通りです。

ファイル名パーミッション転送モード備考
yybbs.cgi755 or 705ASCIIモード
yyregi.cgi755 or 705ASCIIモード
yylog.cgi666 or 606ASCIIモード
yyini.cgi644 or 604ASCIIモード
jcode.pl644 or 604ASCIIモード
gifcat.pl644 or 604ASCIIモード投稿キーオプション使用時のみ
registpl.cgi644 or 604ASCIIモード投稿キーオプション使用時のみ
registkey.cgi755 or 705ASCIIモード投稿キーオプション使用時のみ
count.dat666 or 606ASCIIモード
pastno.dat666 or 606ASCIIモード過去ログを生成する時のみ
0001.cgi666 or 606ASCIIモード過去ログを生成する時のみ
pastディレクトリの中に転送します
lockディレクトリ777 or 707-
pastディレクトリ777 or 707-過去ログを生成する時のみ
*.gif-バイナリimgフォルダの中に転送します

画像ファイルは、パーミッションの変更は必要ありません。

これの意味がわからない場合は、FTPの自動転送でいけると思います。
(suEXECサーバ、CGIWrapサーバの人や、サーバーより特別な指示がある人は、サーバーの指示に従ってください。)

チェックモード

設置が完了したら「チェックモード」を試してみましょう。引数に「mode=check」を付けて呼び出します。

【呼び出し例】 
http://www.xxx.xxx/~user/yybbs/yybbs.cgi?mode=check 

正常であれば、以下のように表示されます。

Check Mode
ログファイルパス : OK 
ログファイルパーミッション : OK 
カウントファイルパス : OK 
カウントファイルパーミッション : OK 
ロック形式:symlink 
ロックディレクトリ:./lock 
ロックディレクトリのパス:OK 
ロックディレクトリのパーミッション:OK 
過去ログ:設定あり 
NOファイルパス:OK 
NOファイルパーミッション:OK 
過去ログディレクトリパス:OK 
過去ログディレクトリパーミッション:OK 
投稿キー画像チェック

全てがOKになっていれば正常に動作します。
一つでもNGが出た場合は、設定を見直してみましょう。

リンク設定

チェックでエラーが出なければ、正常に動作します。
後は、自分のサイトのページから、リンクしてやれば完成です。

【リンク例】 
 <a href="http://www.xxx.xxx/~user/yybbs/yybbs.cgi">掲示板</a>

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-20 (月) 11:26:57 (4383d)
[ Counter today ]