Top / CGI相談室 / 最初に

space

最初に

Top / CGI相談室 / 最初に

Last-modified: 2006-11-20 (月) 10:26:53

最初に

「CGI?そんなの難しくてわからない!」って人、多いですよね?
「Perl言語」「パーミッション」とか、なんじゃそれ?って感じですよね?
実は私もまったく知らないんです。

でも、あれだけ設置出来てるんです。
本当にものすごく簡単。何もややこしくないんですよ。
え?お前は出来るからそういうんだろうって?
いや、そうじゃないんです。本当に、誰でも出来るんですよ。
必ずどなたでも設置できますよ。

CGI概要

まず、一応説明から・・・
私も、受け売りですけどね・・・
説明なんて読んでも意味無いから必要ないって人は、飛ばしちゃってください。(^^;)

CGIとは

CGIとはCommon Gateway Interfaceの略です。
通常のページでは、あらかじめ用意されたHTMLページを表示するだけですが、CGIを用いることにより動的なページを作成することが出来ます。
例えば、「カウンター」「チャット」「掲示板(BBS)」「アンケートフォーム」の様な物です。

CGI処理の流れ

CGI処理の流れは次のようになります。

Webブラウザ−要求→WWWサーバー−起動→CGIスクリプト
←結果−←結果−
  1. ブラウザがWWWサーバーに要求する。
    ブラウザは特に「CGIを起動する」とは意識しません。
    <A HREF="〜"> や <IMG SRC="〜"> や <FORM ACTION="〜"> で記述されたアドレス(URL)を単にサーバーに要求するだけです。
  2. サーバーがCGIスクリプトを起動する。
    サーバーは受け取ったURLを見て、これがCGIスクリプトかどうか判断し、CGIスクリプトであるならこれを起動します。
    判断の基準は拡張子が .cgi であるとかですが、サーバーの設定やプロバイダによって異なります。
    CGIをサポートしていないサーバーやプロバイダもあります。
  3. CGIスクリプトは結果を返す。
    CGIスクリプトは標準出力に実行の結果を書き出します。
    単にHTMLファイルを読み込むのではなく、CGIスクリプトの作り方次第で、複数のファイルを読み込んで連結したり、カウンター値を演算してその結果を返すことができます。
  4. CGIスクリプトの結果をブラウザに返す。
    CGIスクリプトが書き出した内容は、WWWサーバーを経由して、Webブラウザに送信され、Webブラウザはこれを表示します。

注意点

設置する前には…プロバイダが用意した説明書を読むといいでしょう。
CGIの設置を始めるまでに、プロバイダが用意している「CGI設置の説明」があれば必ず先に読んでください。
CGIの設置方法はプロバイダによって多少異なるので、これを読んで置かないと非常に悩むことになります。
中にはCGIを全くサポートしていないプロバイダもあります。

  • プロバイダがCGIをサポートしていない。
  • プロバイダが用意したCGIしか利用できない。
  • CGIスクリプトを設置するディレクトリが決められている。
  • CGIスクリプトは別のサーバーに設置しなくてはならない。
  • CGIスクリプト設置するには、プロバイダに申し込まなければならない。 以上のようなこともありますので、まずは確認をするようにしてください。

まとめ

要するに・・・
CGIスクリプトは一種のプログラムです。
スクリプトとは、通常、PerlやJavaScript?のように、コンパイルの必要が無いプログラムのことを言います。
CGIでは標準出力に書き出しが出来れば、PerlCC++など、言語を問いません。
この内、最も多く用いられているのがPerlという言語です。
Perlについての詳細は、詳しいサイトを探してみてください。

と言うわけで、説明は以上です。
ややこしいものは、難しく考えすぎない方がいいでしょう。

CGIスクリプト編集時の注意点

CGIスクリプトを編集するときは、エディタを使うようにしましょう。
Perlのスクリプトは普通のテキスト文として作成することから、ワープロソフトや、ホームページ作成ソフトはあまり適していません。
エディタとは、テキスト文書を編集するツールソフトのことです。

メモ帳
Windows付属のエディタ。お手軽だが CGIスクリプトの編集には不向き。64KB以上のファイルは扱えない。
ワードパッド
Windows付属のエディタ。使いづらい。CGIスクリプトの編集にはメモ帳よりはましだが、やはり不向き。
TeraPad?
(ToClip for Windows : フリーソフト)
これでフリーソフトとは驚きの内容と機能をもつエディタ。
秀丸
(秀まるおのホームページ : シェアウェア)
Windows定番のテキストエディタ。高機能なのに動作が軽いのが特長。本格的にやるならぜひ用意しておきたいツールの1つ。
エムエディタ
(Emurasoft : シェアウェア)
無制限回数の「元に戻す」「やり直し」機能などとても使いやすいエディタです。
RE for Windows
(道具屋 : フリーソフト)
文字コード、改行コードが Win, Mac, UNIX形式に対応した便利なエディタツール。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-20 (月) 10:26:53 (4655d)
[ Counter today ]