Top / パソコンの知識 / キー操作編

space

キー操作編

Top / パソコンの知識 / キー操作編

Last-modified: 2006-11-20 (月) 10:29:37

はじめに

Windowsは基本的にあらゆる操作をキーボードで出来る様になっていますが、実際は、あまり知られていません。
例えばコントロールパネルを開く操作するとします。

  • 一般的なやり方
    • スタートボタンをクリックする。
    • コントロールパネル(C)にマウスを移動する。
    • コントロールパネル(C)をクリックする。

ですが、

  • キーボードだけで操作
    • Windowsキーを押す(ない場合はCTRL+ESCで代用)。
    • Cキーを押す。

という方法があります。

スタートボタンをクリックすることはWindowsキーを押すのと同じ事ですし、
コントロールパネル(C)の括弧内に書かれたCの文字をキーボードで押せば、そこにマウスを移動しクリックするのも同じ動作をします。

こうしたテクニックを覚えることで、Windowsの操作は非常に楽になります。

しかし、マウスには、操作が簡単なので誰でもすぐ習得でき、ドラッグドロップのような直感的操作を可能にし、
微妙な操作を表現したり、点または範囲を素早く選択出来る、というメリットもあります。

要は、マウスにはマウスなりのメリットがあり、キーボードにはキーボードなりのメリットがあるのと言うことです。
ですので、それぞれのメリットを生かし、キーボードの方が向いている操作はキーボードで行い、マウスの方が向いている操作はマウスで行えばいいわけです。


では、ショートカットキーを紹介する前に、少しだけややこしい話をします。
キーボード主体の操作を覚える場合、WindowsにおけるCTRLやALTの役割の理解が必要となってきます。
基本は、Windows98の場合はヘルプで"ショートカット"を検索すれば、様々な用例が書いてあるので、それを読んで理解していただければと思います。
ここでの解説は、また後日と言うことで、とりあえず、とても重要なので一度はヘルプに目を通すことをお薦めします。


Windowsのキー操作

なんとか、集めたショートカット・キー集なので、PCによっては使用できないものもあります。

(注意) ・「[Alt]+[スペース],[R]」というように途中にコンマが入っているものは、同時押しではなく、「[Alt]+[スペース]の後に[R]を押す」という意味です。
・多くのソフトウェアが対応しているものを「アプリケーション」に載せましたが、全てのソフトウェアで対応しているわけではありません。使う前に各ソフトウェアで確認して下さい。

システム全般
[Alt]+[Esc]アプリケーションの切り替え
[Alt]+[Shift]+[Esc]アプリケーションの切り替え(逆順)
[Alt 押し続け]+[Tab]アプリケーションの切り替え(専用のメニュー)
[Alt 押し続け]+[Shift]+[Tab]アプリケーションの切り替え(専用のメニュー)(逆順)
[Win]+[Tab]アプリケーションの切り替え
[Win]+[Shift]+[Tab]アプリケーションの切り替え(逆順)
[Alt]+[F4]アプリケーションを終了
[Ctrl]+[F4]アプリケーション内の子ウィンドウを閉じる
[Alt]+[Enter]プロパティを表示
[Alt]+[ダブルクリック]プロパティを表示
[Alt]+[半角/全角]日本語入力機能をオン/オフ
[Alt]+[Shift]日本語入力システムが複数入っている時の選択
[Alt]+[スペース]コントロールメニューを表示([Alt]か[F10]か[Esc]で解除)
[Alt]+[-]アプリケーション内の子ウィンドウのコントロールメニューを表示
[Alt]+[スペース],[R]元のサイズに戻す
[Alt]+[スペース],[M]ウィンドウの移動
[Alt]+[スペース],[S]サイズ変更
[Alt]+[スペース],[N]最小化
[Alt]+[スペース],[X]最大化
[PrintScreen?]画面をクリップボードにコピー
[Alt]+[PrintScreen?]アクティブ・ウィンドウをクリップボードにコピー
[F1]ヘルプの表示
[F2]名前の変更
[F3]検索
[F4]選択ボックスのプルダウンメニューの表示、その解除
[F5]最新の情報に更新
[F6]ペイン(小窓)間を移動
[Ctrl]+[Tab]タブ(タグ)の切り替え(順方向)
[Ctrl]+[Shift]+[Tab]タブ(タグ)の切り替え(逆方向)
[Ctrl]+[PageDown?]タブ(タグ)の切り替え(順方向)
[Ctrl]+[PageUp?]タブ(タグ)の切り替え(逆方向)
[Ctrl]+[Esc]スタートメニューを表示
[Win]スタートメニューを表示
[Ctrl]+[ドラッグ]ファイルをコピー
[Shift]+[ドラッグ]ファイルを移動
[Ctrl]+[Shift]+ドラッグショートカットを作成
[Ctrl]+[マウスクリック]選択ファイルを追加
[Shift]+[マウスクリック]複数ファイルを選択(連続)
[Shift]+[カーソル]複数ファイルを選択(連続)
[Ctrl]+[Alt]+[Delete]Windowsを強制終了
[Shift]+[Delete]ゴミ箱へ移動せずに消去
[Shift]+[F10]ショートカットメニューを開く
[Tab]選択の切り替え
[Shift]+[Tab]選択の切り替え(逆回り)
[Shift]+[CD-ROM挿入]自動開始無し(「自動開始」にしている場合)
[Win]+[E]エクスプローラーを起動
[Win]+[F]ファイルの検索ダイアログを出す
[Win]+[R]「ファイル名を指定して実行」を表示
[Win]+[M]全て最小化
[Win]+[Shift]+[M][Win]+[M]で最小化したウィンドウを元に戻す
[Enter]選択されたボタンを押下
[Esc]キャンセル
[スペース]チェックボックスのオン/オフを切り替え
デスクトップ
[Alt]+[F4]「Windowsの終了」メニューを表示
[Alt]+[F4],[S]コンピューターの電源を切れる状態にする
[Alt]+[F4],[R]コンピューターを再起動する
[Alt]+[F4],[M]MS-DOSモードで再起動する
[Alt]+[F4],[C]アプリケーションを終了し、Windowsにログオンし直す
終了オプション表示中
[Shift]+
[「コンピューターを再起動する」をクリック]
Windowsをすばやく再起動する
注)Windows2000不可(↑↓で選択が必要なことがある)
(注意)レジストリを書き換えたりした時(各種インストール時など)は、
念のため、普通の「コンピューターを再起動する」を使って下さい。
アプリケーション
[Alt]メニューバーをアクティブにする、その解除
[F10]メニューバーをアクティブにする、その解除
[Ctrl]+[A]すべて選択
[Ctrl]+[C]コピー
[Ctrl]+[X]切り取り
[Ctrl]+[V]張り付け
[Ctrl]+[Z]元に戻す
[Ctrl]+[N]新規作成
[Ctrl]+[O]ファイルを開く
[Ctrl]+[S]上書き保存
[Ctrl]+[F]検索
[Ctrl]+[H]置換
[Ctrl]+[P]印刷
[Ctrl]+[カーソル]ウィンドウのスクロール
[PageDown?]ウィンドウを下へスクロール(1画面分)
[PageUp?]ウィンドウを上へスクロール(1画面分)
[Home]文頭へ移動
[End]文末へ移動
[Delete]削除
[Ctrl]+[Home]ファイルの先頭へ移動
[Ctrl]+[End]ファイルの最後尾へ移動
エクスプローラー
[Ctrl]+[スペース]選択、その解除([Ctrl]を押したまま移動後、再び[スペース]を押すことで複数選択可)
[+](テンキー)1階層下のフォルダを開く
[-](テンキー)1階層下のフォルダを閉じる
[*](テンキー)下の階層のフォルダをすべて開く
[→]選択したフォルダが縮小されている場合は展開。展開されている場合は下位フォルダに移動
[←]選択したフォルダが展開されている場合は縮小。縮小されている場合は親フォルダに移動
[Alt]+[Shift]+[F4]選択したフォルダとその全ての親フォルダを閉じる
(フォルダを開くたびに新しいウィンドウを開くようにしている場合)
[Shift]+[クローズボタンクリック]選択したフォルダとその全ての親フォルダを閉じる
(フォルダを開くたびに新しいウィンドウを開くようにしている場合)
[BackSpace?]ひとつ上のフォルダへ移動
[Ctrl]+[G]フォルダの移動
IE/エクスプローラー
[Alt]+[←]ひとつ前のページ(フォルダ)に戻る
[Alt]+[→]ひとつ先のページ(フォルダ)に進む

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-20 (月) 10:29:37 (4533d)
[ Counter today ]