Top / ハードウェア / スペック確認方法

space

スペック確認方法

Top / ハードウェア / スペック確認方法

Last-modified: 2013-06-03 (月) 01:05:58

スペック

パソコンのスペックとは、パソコンの性能のことです。

PCの環境を調べる方法

OS・CPU・メモリ

マイコンピューターを右クリックし、出てきたメニューのプロパティをクリックしてください。
すると、「システムのプロパティ」というウィンドウが開きます。

ここには、「システム」と書いてある所に使っているWindowsのバージョンが、「使用者」の所には登録した使用者名が、そして「コンピュータ」と書いてある所にはコンピューターの機種名が表示されています。
(メーカーで買ったパソコンでない場合は会社名などが入っています)
そして、コンピュータの項目の一番下には、CPU の性能や、メモリの量が書いてあります。
「Pentium 4 CPU 1.80MHz」 と書いてあれば、そのパソコンの CPU は Pentium4 の 1.8MHz。
「128 MB の RAM」と書いてあれば、そのパソコンのメモリは 128M ですね。
つまり、CPU と メモリの量を知りたければすぐこの画面で確認出来ると言う事です。

PCの環境を表示するソフト

EVEREST Home Edition
http://www.lavalys.com/
(Products→EVEREST Home Editionの下のDownload→上が自己解凍書庫、下がZip書庫→Accept)
本家では配布終了してるので、こちらからどうぞ
http://www.altech-ads.com/product/10000755.htm
  • DLし解凍したら起動し、メニューのFile →Preferences →Language →Japaneseを選択。
    • 起動は、スタート→すべてのプログラム→Lavalys→EVEREST Home Edition→EVEREST Home Edition
  • 左側のメニューの「コンピュータ」→「要約」とクリックすると、右側に自分のパソコンの環境が表示されます。
DirectX診断ツール
[スタート]→[ファイル名を指定して実行(R)]を選択。→[ファイル名を指定して実行]の入力欄に、「dxdiag」と入力。
  • システムのタブに、マザーボードの種類(システム製造元、システムモデル)、CPU(プロセッサ)、メモリが表示されます。
  • ディスプレイのタブに、グラフィックボードの詳細が表示されます。
    デバイス(左側):グラフィックボードの名前(名前)、グラフィックメモリ(メモリ合計)
    ドライバ(右側):ドライバのバージョン(バージョン)
    DirectXの機能(下側):DirectXの動作状況
  • サウンドのタブに、サウンドカードの情報が表示されます。
    デバイス(左側):サウンドカードの名前(名前)
    ドライバ(右側):ドライバのバージョン(バージョン)
OSのバージョン
マイコンピュータを右クリック→プロパティを選択。→システムのプロパティの窓、全般のタブに表示されています。
右上の「システム」の部分に書いています。

例:
Microsoft Windows XP
Home Edition
Version 2002
Service Pack 2

OSがXPの人は、Service Pack 2(SP2)のパッチを当てるようにしましょう。
これは、高度なセキュリティ強化機能と、数多くの機能追加が行われる重要なOSのパッチです。
Windows Updateから入手できます。
(SP1 or SP2のどちらかが当たってない人は、必ずどちらかを当てるようにしないと、
Windows Updateから新しいセキュリティ更新が提供されなくなります。)
Microsoft(R) System Check Tool for PC Games
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=AB643AF1-EEF7-41AF-908B-1FD9647396EE&displaylang=ja
意外と知られていないようなのですが、Microsoftも簡単なチェックツールを配布しています。
簡単な内容ならば、これでも調べられます。

CPUの数字の意味

「CPU…?GHz…?そういえば、これ何の事だろう?」と思ったことはありませんか?
CPU(Central Processing Unit)はパソコンの頭脳で、プログラム(命令)を読んで実行する大切な部品です。
そのCPUの能力を表す単位として、GHz(Giga Hertzギガヘルツ)があります。
これは、CPUが命令などを1秒間にどれくらい読んだり実行したりできるか、という速さを表しています。
CPUの数字が大きいと、処理能力が速いという事です。

パソコンに、「CPU:1GHz」とあったら、そのCPUは1秒間に10億の信号を読んだり、実行したりすることができるという意味です。

  • 3GHz=30億回の信号(→処理能力がとても速いパソコン)
  • 1GHz=10億回の信号(→そこそこ処理能力があるパソコン)
  • 1MHz=100万回の信号(→処理が遅く役に立たないパソコン)

たとえば、
1Hzのパソコンがあったとします(ありえませんが・・・)。この場合、1秒間に1回の命令を実行することが出来ます。
これが、1GHzのパソコンの場合だと、1秒間に10億回の命令を実行することが出来ます。

よって、CPUの数字が大きければ大きいほど、処理能力が高い(処理速度が速い)パソコンだと言えます。
(最近では、ダブルコアとか色々出て来てるので、その辺は自分で勉強してください。)

ベンチマークテスト

PCに負荷をかけて、動作テストをするものです。(正確には、ちょいと意味合い違うけど)

IT用語辞典より
ベンチマーク
コンピュータのハードウェアソフトウェアの処理速度を計測する試験。試験用に作成されたソフトウェアを実行し、処理の完了までにかかる時間を計測することで、製品間の比較を行なう。ある特定の装置やソフトウェアの性能を計測するものと、コンピュータシステム全体の処理性能を評価するものがある。また、SPECなどの業界団体や、Ziff Davis社などの出版社が、複数のメーカーのコンピュータ性能の比較を目的に作成するものと、あるメーカーが自社製品間の性能の優劣を消費者に告知するために作成されるものに分類することもできる。

FFベンチ

FFベンチ
http://www.playonline.com/ff11/multimedia/download/bench/
ページの少し下ににある、「下記のサイトから・・・・」のどこかから適当に落としてインストールしてください。
  • スタート→すべてのプログラム・・・→「FINAL FANTASY XI for Windows - Official Benchmark Program 3」で起動。
  • テストだけするならば、PlaymodeのBenchmarkだけにチェックを入れる。
    Resolutionは、Highなら高画質、Lowなら低画質です。
    何回かループさせながらテストするなら、Loopにチェックを入れるとよいでしょう。
    (Loopテスト中は、Escキーを押せば止まります。)
    選択が終われば、STARTをクリックでテストが始まります。
    右下のSCOREのポイントを見ておきましょう。
  • 一番最後ギリギリでSCOREが停止しますので、そのポイントをチェックしてください。

ROの場合、Highで2000以上ならば、問題ないと思われます。
快適に動作するならば、3000〜4000あたりでしょうか?
それ以上だと、PCの性能的にはまったく問題ありません。

その他のベンチマークテスト

大航海時代
http://www.gamecity.ne.jp/dol/bench/
信長の野望
http://www.gamecity.ne.jp/nol/bench/
A列車で行こう
http://www.a-7.jp/system.htm
3DMark05
http://www.4gamer.net/patch/demo/3dmark05/3dmark05.html

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-03 (月) 01:05:58 (1996d)
[ Counter today ]