Top / インターネットの知識 / 著作権編

space

著作権編

Last-modified: 2006-11-20 (月) 10:28:56

著作権とは

著作権とは、著作者が著作物に対して持つ権利です。著作権で守られている著作物を、著作者に無断で第三者に公開することは「著作権法」で禁止されています。

ここで言う著作物とは、著作権法の中で
「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」
と定義されています。
よって、「文章、曲、歌詞、絵画、写真など」はすべて著作権の対象です。
ホームページ(Webサイト)に載ってある文章や、画像なども、全て著作権の対象になります。

「著作権法」の原文は下記のページなどを参照してください。
http://value1.goo.ne.jp/cgi-bin/law-top.cgi
特許権などは特許庁への申請が必要ですが、著作権は基本的に著作物を創作した時点で自動的に発生します。
申請などの特別なことを行う必要はありません。

「Copyright (C)〜〜〜」と、書いているのを見ますが、それの意味はなんでしょう?

著作権を英語で呼ぶと「Copyright」になります。

ならば、形式が決まっているのですか?
特に形式が定まっている訳ではないのですが、よくあるのは、次のようなものです。

Copyright (C) 2000-2002 ○○○, All rights reserved.
当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright(C) 2000-2002 ○○○ All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.
  • 「Copyright」は著作権、「(C)」は Copyright の略記号(本当は丸の中に C を書きます)、
  • 「2000-2001」は初版発行の年(一番最初に作った年)と最終更新の年
  • 「○○○」の部分が著作者(社)名
  • 「All rights reserved.」は「すべての権利は(著作者が)持っています。」という意味
  • 「Never reproduce or republicate without written permission.」は「許可無く複写などしないで下さい。」という意味

しかし・・・実は日本の法律では、「Copyright」の記述の有無に関わらず、作った時点で著作権が自動的に発生するのです。
よって、上のようなものが無くても著作権に守られているのです。
では、なぜこのようなものを書くのかと言うと、万国著作権条約には加盟しているけれど、
ベルヌ条約には加盟していない国(アンドラ、サウジアラビア、ニカラグア、ラオス)に対してのみ有効な物だそうです。
とは言っても、日本国内にでも「著作権で守られていることを意志表示する」意味では役にはたつのではないでしょうか?

実際に著作権に触れる物

・ 似顔絵 ・・・ アニメのキャラクターなどでもダメです。(肖像権にも触れます)
・ 自分で撮った
キャラクターの写真 ・・・ 写真の中にキャラクターなどが写っていた場合もダメです。
(たまたま、被写体が何かキャラクターのTシャツを着ているなどの場合は大丈夫だと思いますが・・・。)
・ ぬいぐるみの写真 ・・・ UFOキャッチャーで取った物のコレクションなど、写真として載せている場合もダメです。
・ midi等の音楽 ・・・ 誰か(歌手)の曲を自分でmidiで作成したものでも、ダメです。
(自分で作っても、原曲には著作権があるので)
・ 曲の歌詞 ・・・ 歌詞も、文章と同じなので、ダメです。(ジャケット写真もダメです。)
・ フリー素材 ・・・ ホームページ作成用のフリー素材として配られているものであっても、著作権はあります。
配布されているサイトに書いてると思いますが、二次加工禁止、再配布禁止など、特に注意しましょう。

掲示板の匿名の書き込みに著作権

2002年4月15日
掲示板に書き込んだ発言を無断で書籍にまとめたことを、著作権の侵害だとして、書き込んだユーザーが勝訴しました。
掲示板への仮名投稿も著作物に当たると認定されたのです。

理由は「投稿の多くは思想や感情を創作的に表現しており、匿名の投稿でも著作物性を否定しない」だと言う事だそうで・・・。

この事からもわかるように、掲示板に書かれた内容であっても著作権はあります。
ですので、誰かが書いた書き込みをコピーさせてもらう場合であっても、必ず、書いた人に確認するようにしましょう。
勝手に転載する事はしないようにしましょう。


著作権について悩んだら、とりあえず著作権者に聞いてみるのが一番でしょう。
メールで問い合わせると、大抵は「特定の条件を守ってくださればかまわないですよ。」という答えを返していただけるところが多いですね。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-20 (月) 10:28:56 (4714d)
[ Counter today ]