Top / インターネットの知識 / 初心者

space

初心者

Last-modified: 2006-11-20 (月) 10:28:54

始めに

誰かが何か行動するとき、最初は誰でも初心者ですね。
では、初心者とは、どういったことでしょうか?
少し考えてみましょう。

インターネットに関する初心者とは?

その人が初心者かどうかは、その時の状況によって違ってきます。
私も、多少は知識を持っていますが、どんな事でもわかると言うわけではありません。
知らない知識に関しては、まったくの素人です。

また、パソコンを触り始めて間もない人から見れば私でも、達人に見える場合があります。
でも、私よりも知識のある人から見れば、まだまだ初心者と見られる場合もあります。

種類

ここで、どんな初心者がいるか例にあげてみましょう。

操作・用語がわからない

「パソコンの操作や用語がわからない」という人が多いですね。
チャットの中で「ブラウザは何を使ってるの?」と聞くと、「ブラウザって何?」と返って来たり・・・
「フロッピーに保存しておけばいいよ。」と言うと「フロッピーって何?」と返って来たり・・・
「HDがいっぱいになって、もう保存できない。」と言うので、見てみると「Dドライブが空っぽ。」だったり・・・
インターネットは出来るのに、『操作がわからない、知識がない』と言う人が多いですね。

ネチケット(インターネットに関するエチケット)がわからない

インターネットでも、触っているものは機械(パソコン)であっても、チャットなどしている場合、話している相手は、人間ですよね。
しかし、インターネットの上では『どんな事をすると、他の人の迷惑になるか』が最初はわからないものですね。
実際は、普通に人と接してる時と変わらないものなんですけど、インターネット特有のものもあると思います。
また、規則や規約などを知らない、読んでいないということもありますね。
細かく言えば、法律とか、プロバイダの会員規約とか、チャットや掲示板の利用規約とか…

その他にも

調べ方がわからない…「○○について教えてほしい」「○○は、どこに聞けばいいの?」「○○は、どうやって調べたらいいの?」
パソコンの設定の変更がわからない…電気屋で最初にやってもらったから、自分では出来ない
…など…

悩み

初心者が、何かトラブルにあった時、ものすごく大変です。
『わかる人には簡単でも、わからない人には自力で解決出来ない』と言うことが多々あります。

そんな時、誰かに質問しても回答がもらえなかったり、難しい用語で回答されたり、「それぐらい自分で調べなさい」と言われることもあります。
困っていて大変な時に対応が冷たいと、すごくショックですよね。場合によっては、二度とインターネットをしたくなくなるかもしれません。

嫌われる

初心者はよく嫌われると思っている方が多いようです。

そういう人もいる事は事実です。しかし、そんな人ばかりではありません。
でも、誰でも最初は初心者だし、逆に、周りから親切にされる事の方が多いと思います。

ただ、『初心者が嫌われる』と誤解されることがあります。
慣れた人にはまったく気にならないことでも、不慣れな人にはすごく気にしたり、冷たく感じることがあります。

実際に、あった話しですが…

  • メールを送って1時間待ったが返事がこない。
  • 掲示板に書き込みしようとしたが、書き方がわからない。
  • 質問掲示板に質問を書いて30分待ったが回答がない。
  • チャットに入ったが、誰もいない。
  • 知らない用語が会話に出てくる。

などの理由で、初心者にとっては、インターネットそのものが『恐い世界・難しい世界』と感じられるわけです。
しかし、そのうちに慣れると思います。

また、他の人から優しく注意された場合、初心者には『怒られた』『いじめられた』と感じる場合もあります。

しかし、誤解ではなく『本当に嫌われる初心者』は以下のような場合です。

  • 自分は親切にされるべきであると、主張しすぎる。
  • いつまでたっても初心者であることに甘えようとする。
  • 無理難題を押し付けすぎる。
  • いくら言っても人の話を聞かない。

こういったものは、本当に嫌われるものです。
実社会でも、同じではないでしょうか?

不満

困っている初心者を見たとき、『助けたいけど助けられない』という場合もあります。

たとえば、麒麟塾の掲示板に下のような質問が書かれているとします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 「メールが使えない。助けて!」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

質問者が困っているのはわかるのですが、適切な回答がしにくいですね。
どんなパソコンを使っているのか、メールソフトは何か、どの時点で行き詰まっているのかが、わかりません。

まあ、上の例では回答がもらえる可能性はありますが、ほとんどの場合、「質問者が何を聞きたいのかわからない」と言うことで、回答がもらえない場合の方が多いでしょう。
また、メールソフトが何かが記載されていたとしても、そのソフトを使ったことが無ければ「誰も答えを知らない」という場合もあります。

初心者が、自分の書いた質問になかなか回答がこない時、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 「どうして誰も助けてくれないんですか!
  私は困ってるんですよ! みんなひどい人達なんですねっ!」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
と怒り出すこともあります。
気持ちはわかりますが、どうしようもないです。
麒麟塾の掲示板に書いていただいた場合、わからない時はそれなりの理由を書かせていただきますので、少ないとは思いますが、
他のサイトの質問用掲示板の場合は、『私にはわかりません』という回答が書き込まれることも少ないと思います。

誰かの質問に回答する場合、時間をかけて調査しなければ解決策がわからない場合もあります。
また、回答を書く人は、初心者でも理解できるように文面を考えなければなりません。

よって、大抵の場合、『初心者の質問』に回答するには、大変なことが多いのです。

また、逆に以下のように考えている人はいないでしょうか?

  • 初心者は優しくされるのが当たり前。
  • 熟練者は初心者に対して優しくしなければならない。
  • 初心者はどんな事をしても許される。

上記のような事は、絶対にないでしょう。
あくまでも、熟練者が初心者に対して、教えてあげることは、ボランティアのようなものです。
私も、ほとんどの知識は、親切に教えていただいた方々によるものです。

『他人に親切にすること』は良いことです。でも、親切ってものは強制するものではないですよね。

結論

私がある友人に言った話しですが…。

麒麟:自分は初心者だと思う?
友人:自分はまだまだ初心者だよ。
麒麟:でも、『ブラウザを使ってチャットが出来る、ホームページが見れる』ということが出来る知識は持ってるよね?
友人:うん。
麒麟:じゃあ、『今日始めてインターネットをする人』から見れば、自分は初心者だと思われるかな?
友人:思われない。
麒麟:じゃあ、自分は初心者かい?
友人:……。

答えに詰まってしまった友人…ごめんね。

あなたは初心者ですか?
『私は、初心者です。』と言い切れますか?

また、『私は初心者じゃない』と言い切れますか?

もし、あなたが『自分は初心者だ』と思っているならば、もっと勉強して初心者を卒業してください。
そして、あなたが身につけたことを、他の初心者のために役立ててください。

もし、あなたが『初心者じゃない』ならば、初心者の人から見れば『すごい人』ですね。
あなたが初心者と接するとき、相手の知識、環境を考えてあげてください。
専門用語だと相手には余計に難しく考えてしまいます。
少しでも、理解できる様に説明してあげてください。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-20 (月) 10:28:54 (4714d)
[ Counter today ]