Top / インターネットの知識 / ドメイン編

space

ドメイン編

Last-modified: 2006-11-20 (月) 11:28:22

ドメインとは?

「ドメインって何?」そういう人でも、メールアドレスやホームページアドレスと聞いたら、 「そんなの知ってるよ!」と言うことでしょう。
ドメインは、ドメイン名(domain name)と呼ばれます。
メールアドレスやホームページアドレスの中にドメインは含まれています。
メールアドレスで言えば@の後ろの部分、例えば「hi-ho.ne.jp」や「infoseek.com」をドメインと言います。
インターネットは、世界中にわたる、多くのコンピュータからなる、非常に大きなコンピュータネットワークです。
インターネットのホームページは、インターネットのどこかにあるWEBサーバーに格納されています。
また、電子メールが届く先は、やはりンターネットのどこかにあるメールサーバーです。
ホームページにアクセスするためにWEBサーバーを探したり、メールを届けるためにメールサーバーを探すときには、ドメインを頼りに見つけます。
ドメインは、インターネットの世界で使用されている、IPアドレスに代わるものとして考案されました。
IPアドレスとは、ネットワークに接続されているコンピュータ1台1台に割り当てられる、番号の事で、我々の世界でいえば、住所や電話番号に相当します。
IPアドレスは、61.120.150.203のように、数字の羅列で構成されています。
そのため、非常に覚えにくいことが欠点です。
そこで、www.ad.krn.co.jp のように、アルファベットによる単語や略号で構成され、人間が覚えやすいドメイン名が考案されたのです。

ドメイン名は、アルファベットの羅列に見えますが、ドメイン名の各部分には、実はちゃんとした意味があります。
ドメイン名は「コンピュータの名前 . 組織名や会社名 . 所属機関 . 国」という形式で構成されルのが基本です。
www.ad.krn.co.jpを例に見てみましょう。

  • adは、ホームページデータが置いてあるサーバー名の名前をあらわし、ホスト名とも呼ばれます。
  • krnは、組織名や会社名をあらわします。サイトを運営している会社名であったり、個人名であったりします。この部分を、単にドメインと呼ぶこともあります。
  • coは、所属機関が企業(company)である事をあらわしています。
  • jpは、日本(Japan)に属するサイトである事を意味しています。
    これらを、末尾から並べて、ピリオドでつないだものが、ドメイン名です。また、FQDN(完全修飾ドメイン名)ともよびます。
    この規則に基づけば、ドメイン名を見ただけで、そのホームページに関する様々な情報がわかります。

所属機関をあらわす略号としては、日本では 、一般の法人(株式会社や有限会社)をあらわす co を代表に、
非営利の法人をあらわす or(organization)、政府や自治体関連の go(government)、
プロバイダなどのネットワーク関連事業者および団体をあらわすne(networks)、大学を始めとする教育機関をあらわす ac(academy)、
最近では、法人ではない団体をあらわす gr(group)、小学校や中学校など未成年対象の教育機関をあらわす ed(education) などがあります。
国をあらわす略号には、 uk(United Kingdom)、hk(Hong Kong) 、MX (Mxico) などがあります。

com、net、org などは、基本的にアメリカに所属しているドメインです。これらのドメインには、特に国を表す部分がありません。
これは、インターネットがアメリカから始まったものであるためです。
もともとはアメリカだけしかインターネットを使用していなかったため、区別する必要が無かったことが理由です。
これらは、特定の国には属さないドメインという意味で、gTLD(generic top level domain)と呼ばれています。
gTLDでは、今後、arts、 shop、 web 等の、新しいドメインが予定されています。

オリジナルドメイン取得

ドメインは入会しているプロバイダや会社で決められて、変更できないものと思っていませんか?
実はドメインは名前や好きな言葉で登録し、メールやホームページに利用することが出来るのです。

ドメインを変えるだけで、とても短く、そして判りやすくなります。
このようにドメインは好きなメールアドレスにすることが可能で、
しかもドメインが無くならない限り一生自分のメールアドレスやホームページアドレスとして持てます。
すでにメールアドレスやホームページアドレスを持っている方は、
新しくドメインを登録して新しいアドレスから古いアドレスに転送させる事も可能です。(↓参照)

世界で1つだけの、オリジナルドメインを取得するのは、早い者勝ちです。

ドメイン転送

取得したドメインへの訪問者を自動的に今、持っているホームページに転送するものです。
大抵は、設定費・月額料金だけで、多少安く出来ます。
しかし、ドメインが有効になるのは、TOPページだけで、他のページのアドレスはそのままになってしまいます。

利用できるドメインと価格

ドメイン名:ドメインの説明:価格(年)

  • .info:「.info」とは、informationを意味するドメインで、「インフォメーション」に関わるあらゆるサイトに活用できます。:8,300円/2年
  • .biz:.bizはビジネスのために生まれたドメインです。
    商用利用を想定したドメインなので既存ドメインでは既に登録されていたドメインを登録できるチャンスがあります。:8,300円/2年
  • .jp:日本で生まれた日本の為のドメインです。既存のco.jpよりも文字数が短く、しかも企業だけでなく誰でも使うことができます。:7,950円/年
  • .tv:ブロードバンド系のホームページで利用が急増中。2文字と短く、誰でも登録できて覚えやすいドメイン名です。:12,500円/2年
  • .com:世界で一番普及しているドメインです。:4,200円/年
  • .net:情報関連やネットワーク関連サイトに最適です。:4,200円/年
  • .org:非営利団体向けに用意されたドメインです。:4,200円/年

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-20 (月) 11:28:22 (4773d)
[ Counter today ]